よくある質問

本当にプロを育成しないんですか?
もしやっている途中でプロになりたくなったらどうすればいいのでしょうか?

なんとなくサンドバッグを打っている横で、試合前のプロ選手が練習していたら萎縮してしまいますよね。
JKF池下はフィットネスに特化したキックボクシングジムです。だから、プロを育成することはありません。最高でもアマチュアの試合までです。女性にもやさしく教えています。
そして、もし途中であなたの「なんとなく」が「本気」に変わってプロになりたくなったら、そのときは佐藤嘉洋マネジャーにご相談ください!
あなたのやる気、目標、覚悟を聞いて、名古屋JKFの親ジムである名古屋JKファクトリーや全国の友好ジムもご紹介できます。

 

運動できる用意は何を持っていけばいいですか?

ジャージなど運動できる格好なら何でも OK ですが、せっかくの機会ですのでキックパンツを履いてみませんか?
ジム内でも販売していますので、非日常のキックボクサー気分で運動しましょう!
また、汗ふき用のフェイスタオル、ストレッチのときに下に敷くバスタオルもご用意ください。
パンチンググローブは最初はお貸ししますが、いずれは自分専用のモノを買っていただいています。
ジムで販売しているモノでも構いませんし、他で買ったモノでも大丈夫です。縛りはありませんのでご安心ください。

 

キックフィットで筋肉がつきすぎて腕とか太くなりませんか?

ご安心ください!
キックフィットで身体がムキムキに太くなることはありません!
キックボクシングは基本的には自重トレーニングが中心になるからです。
サンドバッグやミット打ちをやると、筋肉がついて太くなると思われる方は多いです。
しかし逆です。
これらも自重トレーニングになるので、太くなるというより、しなやかな筋肉がついて引き締まります。安心してどんどんペシペシしてください。
男性に対してはムキムキのマッチョではなく、やせマッチョを目指してもらっています。
女性に対しては女性らしさを残しつつ、しなやかで美しい身体づくりを目指してもらっています。
ムキムキのバッキバキになりたい方には、そういった友好ジムもご紹介していますのでお問い合わせください。
トレーニングにはいろいろなやり方があるから楽しいですよね!

 

運動経験がゼロなのですが、ついていけるでしょうか?

JKF池下のモットーとして「無理をしない」「適度に」を掲げています。
今まで敷居の高かったキックボクシングという競技ですから、誰もができなくて当たり前です。
何も心配することはありません。最初は縄跳び10回からだって大丈夫です。
少しずつ、本当に少しずつでいいので一緒に身体と脳を変えていきましょう!

 

退会手続きについて教えてください。
辞めづらい雰囲気だと入会もしづらいのですが。

ご安心ください!
JKF池下は日本一入会、退会、再入会のしやすいジムを目指しています!
退会される際は、電話やメール一本でOKです。
ただし、一つだけ注意点があります。銀行引き落としのシステム上、退会を希望される際は前々月末までにご連絡くださるようお願いいたします。
たとえば、9月いっぱいで退会したい場合は、7月末までにご連絡ください。
8月に入ってからの退会のご連絡だと、10月いっぱいは会員資格を有した形となります。
ご了承願います。
また、再入会の際もお気軽にご連絡ください。
スタッフ一同笑顔でお待ちしております!

 

入会金や初月の会費の支払いはどうすればいいですか?

入会金、月会費2か月or2.5ヶ月分(入会日によって変わります)は現金でお支払い頂きます。
それ以降は銀行引き落としとなりますので、入会時に銀行口座のわかるものと銀行届出印をお持ちください。
銀行印の間違いが多いので、再度確認の上ご持参くださいませ。