映画『ザ・ファブル』

image-映画『ザ・ファブル』 - 名古屋池下のフィットネスキックボクシングジム

冷徹に人を殺していく凄腕の殺し屋に「1年間は人を殺すな」という上司から命令を課され、更生への足がかりにしようとする内容。鳥を飼ったり、一般女性との淡い恋もありながら、感情の欠落した主人公は悩んだり悔しがったりすることもない。もちろん喜ぶことも楽しむことも滅多にない(たまにあることで大笑いするが)。

序盤は真面目に人の死、殺人について考えながら観ていた。しかし途中からあまり考えずに楽しむ方向にシフトチェンジした。中盤以降の大人数によるドタバタ劇は懐かしい感じもした。まるで日本版ジャッキー・チェン

個人的に好きな俳優の佐藤浩市も殺し屋組織の上司として登場している。しかし映画『マジックアワー』での役を彷彿とさせ、真剣な演技をしていてもププっとなってしまう。『マジックアワー』における名演を連想させるためのキャスティングなのだとしたらアッパレである。

image-映画『ザ・ファブル』 - 名古屋池下のフィットネスキックボクシングジム

主人公の岡田准一や佐藤浩市以外にも多種多様なイケメンが勢揃いしている。男から見ても女から見ても「カッコいい」と思えるイケメン俳優がきっと一人は出ていることだろう。

調べてみたら続編も出るとのこと。日本版ジャッキー・チェン的な立ち位置としてシリーズ化されたら面白そうだ。

PS
この主人公にキックボクシングをやらせたらどんな選手になるのだろうか。名古屋で彼のミットを持てる日本人は、いや東京も含めているのだろうか。サンドバッグも頻繁に壊されそうである。

明るく生こまい
佐藤嘉洋