映画『ジョニー・イングリッシュ〜アナログの逆襲〜』

image-映画『ジョニー・イングリッシュ〜アナログの逆襲〜』 | 名古屋池下のキックボクシングフィットネスジム

ミスタービーンを演じている俳優の007風パロディ・コメディ映画。

終始くだらなさ満載で進んでいく。

何度も失笑したり、大笑いしたりして、とても明るい気持ちになって映画を観終わることができた。

ロシア人のスパイのお姉さん、オルガ・キュリレンコがとんでもない美人だった。

どこかで観たことがあるかもしれない、と調べてみたが気のせいだった。

何か別の武器を作る

いやあ、美人は腐る程いるんですね!

美人という実力だけに頼っていると、早晩飽きられてしまうから、美人以外にも何か別の武器を作っておいた方が賢明かもしれませんね。

いや、何をもって賢明か、ということなのですが、今回の話の場合は芸能活動の場合においてです。

恋愛や結婚に関しては、自分に合った人は必ずいますので、正直高望みさえしなければ美貌はそう大して必要ありません。

「アタイは女を捨てていないわよ」という矜持さえあれば大丈夫です。

image-映画『ジョニー・イングリッシュ〜アナログの逆襲〜』 | 名古屋池下のキックボクシングフィットネスジム

ロシア人女性の美貌寿命は短いかと思いきや、このキュリレンコさん、なんと私よりも年上の1979年生まれ!

まったくもって美貌が失われていない。

一体どのような涙ぐましい努力をしてこられたのでしょうね。

日頃の節制も相当なものなのでしょうね。

と、私はハンカチを握りしめながら熱くなってしまうわけであります。

よしんば、キュリレンコさんが何もやっていなかったとしても、それでいいのであります。

自分自身に「よし、もっとがんばろう」という精神が奮い立ちさえすれば。

明るく生こまい
佐藤嘉洋