映画『マジックアワー』

image-映画『マジックアワー』 | 名古屋池下のキックボクシングフィットネスジム

(c)インフォメーションメディアデザイン

2008年にハワイに向かう飛行機の中で観て以来かも。

いい映画はやっぱりいつ観てもいいですね!

映画の中でのこの名言

死ぬのは怖くない。
恐いのは、誇りを失ったまま生き続けることだ。

と、はたから見ればピークをとうに過ぎた俳優の残した言葉である。

しかし本人だけは「このまま終わってたまるか! ただじゃ終わらねえぞ!」という闘争心を持って仕事に対峙していた。

素晴らしい言葉である!

私もキックボクサーとして引退する直前まで、まったく同じ気持ちだった。

当時34歳になっても、もう一度、必ず世界一強いキックボクサーになって雄たけびを上げるんだ、という気持ちを持っていた。

しかし最後の試合で、「前の試合よりも弱くなった」という自分がおり、「そんな気持ちでリングに上がるのはプロではない。お客さんに失礼だ」と思い、即座に引退を決めたのである。

ただし、プロとしては引退したが、私は生涯キックボクサーでいようと誓っている。

今は新しい夢、『フィットネスとしてのキックボクシングを広めていくこと』もある。

image-映画『マジックアワー』 | 名古屋池下のキックボクシングフィットネスジム

魔裟斗戦に負けたあとも、ドラゴに負けたあとも、引退したときも、空き巣に遭ったあとも、

このまま終わってたまるか!
ただじゃ終わらねえぞ!

という気持ちを強く持っている。

そういう気持ちを持って生きていれば、どんな仕事も生き生きとしていられるのではないか。

あるいは、生き生きとした仕事に就けるのではないか。

俺の人生もここら辺かなあ、と諦めているから、仕事に身は入らないし、評価もされないのではないか。

どんなに小さな仕事でも、目の前に与えれた仕事に全力を尽くし、どん欲に学ぶ姿勢を見せていれば、たとえ40過ぎまでニートだっとしてもどこかに必ずその努力を見て、評価し、信頼してくれる人がいるはずだ。

人生はどこからでも始められる。

明るく生こまい
佐藤嘉洋