大谷さま 健康を維持するためのジムという場所は必要

image-大谷さま 健康を維持するためのジムという場所は必要 | 名古屋池下のキックボクシングフィットネスジム

ココが閉まっちゃったら病気になっちゃうんで、この状況でも営業してくださり感謝しています。

長い目で見れば、健康作りというのは感染症対策になりますし、佐藤さんも仰っているように、

「運動は不要不急ではない」

と僕も思っています。

スポーツジムと一括りにされてしまっていますけど、ココは特定少数のジムですからね。
きちんと対策もされていますし、正直なところまったく心配していないです。

むしろ自分自身が無症状の感染者かもしれないので、迷惑をかけないように気をつけています。

オンライン(トレーニング)もみんなやり始めていますけど、僕はまだ難しいと思います。
少なくとも自分は続かないです。
健康あっての仕事・社会生活ですから、健康を維持するためのジムという場所は必要です。

僕は50歳になってからキックボクシングを始めましたけど、もう4年になります。
たくさんの人に生涯スポーツとしてのキックボクシングが広まってほしいですね。